個人情報保護方針

看護のための認知行動療法研究会(以下、本研究会)は、個人情報を保護することが社会的責務であるとともに、社会の信頼を得て研究会活動を推進するために不可欠な要件であると認識しております。本研究会は、利用者の皆様の個人情報の適切な管理・利用に十分配慮し、次の取り組みを実施します。

1. 個人情報の管理
本研究会は、利用者の皆様の個人情報について、管理責任者を任命するとともに、本研究会の個人情報保護に関する規定に従って適切に管理します。
2. 利用目的と収集範囲
本研究会は、利用者の皆様からお名前・ご住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報をご提供いただく場合は、あらかじめ利用目的やお問い合わせの窓口などをお知らせし、適切な範囲内で個人情報を収集させていただきます。
3. 個人情報の利用
個人情報の利用は、原則として同意を得た範囲内で行ないます。また収集目的以外の利用は、本研究会の運営上、最低限必要な範囲内でのみ利用させていただきます。
4. 第三者への提供・開示の禁止
本研究会は、利用者の皆様から同意いただいている場合や法令に基づき開示を請求された場合など正当な理由がある場合を除き、利用者の皆様の個人情報を第三者に提供・開示いたしません。
5. 業務委託先の監督
本研究会は、利用者の皆様から同意いただいた利用目的を達成するために、本研究会より業務委託先に対して利用者の皆様の個人情報を開示する場合には、本研究会と同様の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう契約により義務付け、これを実施させるなど、適切な監督を行います。
6. 情報セキュリティの確保・向上
本研究会は、利用者の皆様の個人情報の漏洩・紛失・改ざんなどを防止するため、継続して情報セキュリティの確保・向上に努めます。
7. 個人情報の開示・訂正などへの対応
本研究会は、利用者の皆様より収集させて頂いた個人情報を次のいずれかに該当する場合を除き、第三者に提供・開示等は一切致しません。
  • ・法令等により開示が求められた場合。
  • ・利用者の皆様からのお問合わせに対し、その内容が本研究会の協力施設から直接回答するのが適当と本研究会が判断した場合。
  • ・適切な保護処置を講じた上で、本研究会の協力施設に提供・共同利用する場合。
  • ・利用者の皆様の事前の同意を得た場合。
  • ・利用者の皆様及び一般市民の生命、健康、財産等に重大な損害が発生する事を防止する為に必要な場合。
  • ・公的機関より法律に基づく権限による開示請求があった場合。
本研究会は、利用者の皆様がご自身の個人情報の開示や訂正などをご希望される場合、お申し出いただいた利用者の皆様がご本人であることを確認させていただいた上で、合理的な期間及び範囲で対応させていただきます。
8. 継続的な見直しと改善
本研究会は、個人情報保護に関連する法令、その他の規範を遵守するとともに、社会環境の変化に応じて、個人情報保護の取り組みを継続的に見直し、改善します。

看護のための認知行動療法研究会

関連サイト

集団認知行動療法研究会

九州認知行動療法看護研究会

メンタルヘルスマネージメントオフィスIMS

書籍紹介

書籍紹介

自分を好きになるための
ワークブック
シートを使って進める自尊心回復
グループ認知行動看護療法

書籍紹介

認知行動理論に基づく精神看護過程
よくわかる認知行動療法の基本と進め方

書籍紹介

進め方と方法がはっきりわかる
看護のための認知行動療法

書籍紹介

看護実践における認知行動療法